ぼくらが愛したAvril Lavigne

アクセスカウンタ

zoom RSS 吉田拓郎ベストコレクション!

<<   作成日時 : 2006/02/04 19:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

知り合いが
「吉田拓郎のベスト盤みたいなCDを焼いて欲しい。」
と言ってきたので
「いいですよー。」
とお返事した私。
しかしまあ、よく考えてみると、私って吉田拓郎のCDはいっぱい持ってるんですけど、ベスト盤って持ってないんですよね〜。

っていうことで自分で選曲して2枚組くらいのベスト盤を作って差し上げることにしました。
選曲するにあたり、久しぶりに拓郎作品を聞いてみると、けっこうイイもんですね〜。
なんていうか、「あれも入れたい、これも入れたい」ってなってしまって、2枚分に絞るのがけっこう大変でした。

とりあえず、普通にリリースされてる"THE BEST PENNY LANE"の収録曲をネットで調べて参考にすることに…。
でも「ペニーレインでバーボン」は絶対入れたいなーとか、「吉田町の唄」なんて持ってねーぞ とか、「人間なんて」はライブの音源も入れたいなーとか、色々な事情で、出来てみたら全然違う内容になってしまいました…。
一応こんな内容になりました↓。

ディスク 1
@今日までそして明日から
A夏休み
B旅の宿(シングル・バージョン)
Cビートルズが教えてくれた
Dペニーレインでバーボン
E人生を語らず
F結婚しようよ
G男達の詩
H落陽
Iシンシア
Jとなりの町のお嬢さん
K春だったね
L暮らし
M二十才のワルツ
N唇をかみしめて
O襟裳岬
P外は白い雪の夜
Q全部だきしめて
R祭りのあと

ディスク 2
@人間なんて
A我が良き友よ
B青春の詩(シングル・バージョン)
C老人の詩
D大阪行きは何番ホーム
E花嫁になる君に
Fどうしてこんなに悲しいんだろう
Gひらひら
H三軒目の店ごと
Iともだち
J元気です
K流星
Lおきざりにした悲しみは
Mせんこう花火
Nたくろうチャン
Oイメージの詩
P夏休み(コンサート・イン・つま恋'75 より)
Qされど私の人生(コンサート・イン・つま恋'75 より)
R人間なんて(コンサート・イン・つま恋'75 より)

個人的に初期のたくろうが好きなので、初期の作品が多くなってしまいました…。
ディスク1も2も丁度80分くらいになっております。

私としては、「よしだたくろう・オン・ステージ・ともだち」の中から「老人の詩」を収録、現在廃盤の「ペニーレインでバーボン」を収録、現在市販されていない「青春の詩(シングル・バージョン)」を収録、伝説の「つま恋音源」を収録、っていうあたりがミソだと思ってたりなんかしまして…。
個人的にはなかなかの選曲だと思うんですけど、どうでしょうか…?

そうそう、そんで、選曲するにあたり色々と聞いた中で、久しぶりに「よしだたくろう・オン・ステージ・ともだち」を聞いて思ったんですけど、「青春の詩 By the 英語」ってホントに存在するんでしょうか…。私は聞いたことないんですけども…。
っていうか井口よしのりと田辺ナントカは今は何をされているんでしょうかね。ちょっと気になります。
ちゃんとご飯食べてるのかな…。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
永久無料のアダルトライブチャットで女の子の生オナニー鑑賞!
ログインしたら即チャットエッチの永久無料アダルトライブチャットDエンジェルが在籍の女の子2000人を突破!!24時間いつ入室しても女の子が激しいオナニーをしているオナニー鑑賞部屋を100室設置中!!可愛い女の子のオナニーが見たくなったら即ログイン☆ ...続きを見る
永久無料アダルトライブチャット
2006/02/05 01:38
吉田拓郎あの幻の廃盤アルバムがライブ盤で復刻!!
  ☆あの幻の廃盤アルバム「今はまだ人生を語らず」がライブ盤で復刻!!!☆初回限定盤4曲DVD付 戯れに、こんなCD/DVDを作ってみました。いかがでしょうか。 ...続きを見る
Webフォーク村ブログ
2006/02/05 20:55
土日♪
土日はちょっとメールしてた人の家まで遠足に行っていました♪ ...続きを見る
十代♀上京ほーむれす日記
2006/02/06 16:10

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
吉田拓郎ベストコレクション! ぼくらが愛したAvril Lavigne/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる